四季のMYガーデン

ガーデンコーディネーター五十嵐が
四季の庭やガーデニング作業などを綴っています。

乾燥・暑さ・寒さに強い アオイ科「サンレモクイーン」アニソドンテア

花のお手入れ 2021年12月14日

お取り寄せして花壇に地植えした「サンレモクイーン」アニソドンテアはアオイ科のとても強健な植物です。

四季咲き性で、暖かい地方では、冬でも可憐で小さなお花が咲くことでしょう。

一日花で 花径2.5センチ アオイ科の花の特徴が出ています。
ピンクの花

こんもり良く繁茂します。
サンレモクイーン 東

花つきが悪くなったら枝を切り戻します。


新枝がでて花つきが多くなります。
新枝が出ます


新潟の12月の 「サンレモクイーン」アニソドンテア は氷点下の日や霰の日もありましたが、下写真でご覧いただけますようにとても南アフリカ産とは思えない寒さに強い丈夫な株立ちです。

四季咲き性で、暖かい地方では年中お花が咲くようです。
12月のサンレモクイーン

3寸ロングをお取り寄せしたのですが、常緑低木の「サンレモクイーン」アニソドンテアは半年で太い株立ちになりました。
サンレモクイーン
ほとんど刈込をする以外、植えっぱなしで手間いらずに育ちます。

根元に来年春咲くラナンキュラスの葉が茂っています。

「サンレモクイーン」アニソドンテア 根元から刈り込んでラナンキュラスの生育環境を整えます。

二本植えた「サンレモクイーン」アニソドンテアの引き立て役に、来年は相性の良い植物を配したいと今から考えています。

これからも手間いらずの植物をご紹介していきたいと思います。

ガーデニング生活を楽しんでいらっしゃる皆様の植栽の参考になると嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

更新カレンダー

<<2021年12月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031