四季のMYガーデン

ガーデンコーディネーター五十嵐が
四季の庭やガーデニング作業などを綴っています。

春夏秋冬・存在感際立つ草花

花のお手入れ 2019年2月16日

めずらしと話題になる草花に「アカンサス・モリス」があります。
常緑性草花で、大きな株立ちになる「アカンサス・モリス」は、広いガーデンのフォーカルポイントに使う場合が多いようです。
春夏秋冬の「アカンサス・モリス」をご紹介しましょう。
夏:ピンクニチニチソウと
夏・アカンサスモーリス
秋:モミジの落葉と「アカンサスモリス」のコントラスト
秋・アカンサス
冬:冬の方が元気です。
冬・アカンサス
雪の中「アカンサス・モリス」
雪・アカンサス
6月「アカンサス・モリス」に花がつきます。
花がつくと光沢のある深緑の大きな葉は、黄色く枯れた状態になります。
終わった花穂と一緒に黄色い葉も切落とします。
耐暑性はありますが、暑すぎる夏はちょっと苦手です。
花・アカンサスモーリス
面白い花のつき方をします。
花1

花2
萼を捲ると雄花と雌花があらわれます。
花・アカンサス
「アカンサス」はギリシアの国花だそうです。
非常に強健な植物で2~3年で大きな株立ちになります。
折れた根から芽をだすほどに生命力があります。
アカンサスとカツラの木
大きな木の根もとに、植えると案外増えすぎないのでおすすめです。
春になったらどんなお花をとお考えですか?
ご参考になると嬉しいです。
よき一日でありますように
ご訪問下さいまして有り難うございました。


RSSメール

最近の記事

カテゴリー

更新カレンダー

<<2019年02月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728