四季のMYガーデン

ガーデンコーディネーター五十嵐が
四季の庭やガーデニング作業などを綴っています。

こぼれ種から咲いたクリスマスローズ

花のお手入れ 2019年3月22日

クリスマスローズはお花が咲いた後、種をつけないうちに花茎だけは切ってしまいます。

数種類の株立ちクリスマスローズの中に、あっという間に種がについてしまったふた株がありました。

2015年5月の画像です。

虫や風が媒体して結実したのでしょう。
クリスマスローズの種1
種がついているクリスマスローズの姿も素敵なんですね。
クリスマスローズの種2
クリスマスローズが、こぼれ種から自然発芽しているのを確認したのは。

2016年の春のことでした。

野にある草花のようにそのまま手入れせず育てました。

そして、その3年後2019年春にクリスマスローズに、待望の赤ちゃんが誕生したのです。

自然交配したなかの、ピンクのバイカラーでスポット模様のベビー誕生です。
赤ちゃんクリスマスローズ

別な場所で育っているクリスマスローズの蕾株。

蕾が膨らみかけています。

もうすこしでベビーの顔が見られそうです。
クリスマスローズ蕾1

この株立ちは?

これも勿論クリスマスローズです。

クリスマスローズ蕾2
まだ可愛いクリスマスローズの株がたくさんあるのですが、これからに期待しましょう。

今日は雨の日ですね。

催花雨によって植物の成長が促進されます、二番目、三番目の「クリスマスローズベビー」がまもなく誕生することでしょう。

追記その様子は → 「続・こぼれ種から咲いたクリスマスローズ」

みなさま、ガーデン計画は進んでいらっしゃいますか。

楽しみな春の到来です。

よき日でありますように。

ご訪問ありがとうございました。

最近の記事

カテゴリー

更新カレンダー

<<2019年03月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031