四季のMYガーデン

ガーデンコーディネーター五十嵐が
四季の庭やガーデニング作業などを綴っています。

「白い小花のグランドカバー」とシックな植栽♪

花のお手入れ 2017年5月19日

白い「スウィートアリッサム」のグランドカバーとシックな植栽例をご紹介いたしましょう。

ガーデンのグランドカバー「スウィートアリッサム」は寒さでダメージを受けながらも、今春で3年目になりました。

「セリンセ」と「ホワイトアリッサム」
アリッサム1
「セリンセ」は秋に種まきしたものです。
耐寒性があり新潟の冬でも大丈夫でした。
シックで素敵な草花ですが、他の植物と合わせにくいところがあります。
「ホワイトスウィートアリッサム」が「セリンセ」の引き立て役をしてくれました。

「シラー・ベルビアナ」
スウィートアリッサム1
いつのころからかガーデンに葉が茂っていたものです。
今年ようやく花を見ることができました。
「シラー・ベルビアナ」は耐寒性があり、雪や霜にあってダメージを受け、葉が折れたり切れたりしています。

大きいシルバーリーフの「バーバスカムビロードモウズイカ」
スウィートアリッサム3
シルバーリーフのバーバスカムは古代より薬用として使われてきたようです。
「ビロードモウズイカ」はガーデンのワンポイントとしてなくてはならない存在です。

「パープルパンジー」「斑入りグレコマ」など
スウィートアリッサム4
パープルカラーはあんがい印象に残る花なんですね。

「チコリ」「ホワイトアリッサム」
スウィートアリッサム5
毎年、ガーデンの縁取り石の隙間から多年草のチコリがはえてきます。
チコリはハーブの仲間で葉は生野菜サラダに使ったりします。
チコリの根を乾燥させたのちローストして作る「チコリコーヒー」はデトックス効果があるそうです。

ブロンズカラー「ペンステモン・ハスカーレッド」などなど。
スウィートアリッサム6
ガーデンの縁取りに「スウィートアリッサム」を。

「葉牡丹」「バーバスカム・ビロードモウズイカ」
スウィートアリッサム7
昨秋はからずも遅播きした「葉牡丹」葉が結球せずに春を迎えたものです。
それはそれで楽しめるものですね。

「葉牡丹」「オレンジパンジー」「パープルパンジー」
スウィートアリッサム9

こんもり広がり「グランドカバー」の「ホワイトアリッサム」
スウィートアリッサム
「スウィートアリッサム」この時期が一番綺麗でしょうね。

特徴:
「スウィートアリッサム」は耐寒性のある多年草、ほのかにアブラナ科特有の甘い芳香があります。
花つきがよく育てやすい草花、地面を覆うように繁茂します。
こぼれ種からでも増えます。
草姿が乱れる夏前に切戻すと、秋にはたくさんの白い花が咲きます。
早春「スウィートアリッサム」が目覚めたころ、古い株を半分ほど切戻します。
4月から画像でご紹介したようにたくさんの白い花が咲きます。

植物が良く育つ条件は、よい土壌であることが大切な要素なのですね。
私が大切にしている土壌作りは、早春の花壇にバーク堆肥をまくことを基本にしています。


みなさまにとってよきガーデンライフでありますように。

最近の記事

カテゴリー

更新カレンダー

<<2017年05月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031